クラウドサービスで障害発生! そのときベンダーが負う責任は!? その3

皆さん、こんにちは。

「IT弁護士.com」の弁護士藤井です。
http://itbengoshi.com


==============================
【クラウドサービスで障害発生! そのときベンダーが負う責任は!? その3】
■「弁護士藤井のメールマガジン」 VOL.73  2015/1/19
==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【無料 チャットによる商標調査と出願サービス】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私がパートナーを務める「日本IT特許組合」の主催で、「チャットによる商標調査と出願サービス」の無料講義が、1月29日(木)に東京で開催されます。

IT・ベンチャー企業の商標についての相談~出願~登録を、IT企業に特化した弁理士の先生が、チャットを使ってサポートする流れの講義となります。

しかもなんと、受講者限定で、商標簡易調査を1件、無料で依頼することができます。

自社のサービス・商品の商標取得を検討されているIT・ベンチャー企業の皆さんは、ぜひご参加下さい!

お申し込みは、下記ページからお願いします。

http://itpat.jimdo.com/?pmg=54b8d0a232f0c

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【名古屋IT飲み会への登壇】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全国のIT企業の交流会「IT飲み会」の名古屋担当の「名古屋IT飲み会」が、1月30日(金)に名古屋で開催されます。

私は、「IT業界 受注契約のトラブル」のテーマで、30分プレゼンに登壇します。

(先日、3時間3万円のセミナーで話した内容のエッセンシャル版になります)

名古屋近郊のIT企業の皆さんは、ぜひご参加下さい!

お申し込みは、下記ページからお願いします。

http://www.it-nomikai.jp/nagoya

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【クラウドサービスで障害発生! そのときベンダーが負う責任は!? その3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クラウドサービスで障害が発生した場合に、ベンダーがどんな責任を負うのかについて、今回のメルマガシリーズでは、数回にわたって解説をしていきます。

前回のメルマガでは、クラウド事業者とユーザーの、クラウドサービスに対する認識のギャップから生じるトラブルの対策として、SLAが重要になるというところで、話が終わりました。

今回のメルマガでは、このSLAについて、解説していきたいと思います。

SLAとは、「Service Level Agreement」(サービスレベルアグリーメント)の略で、サービスの内容・品質や、障害・事故発生時の対応な
どを定めたものです。


クラウドサービスの利用規約とは別に(附属資料として)、SLAが定められている場合が多いです。

(利用規約の中で、SLAに該当する条項が定められている場合もあります)

それではなぜ、このSLAがクラウドサービスでは必要なのでしょうか。

前回のメルマガで解説したとおり、クラウドサービスでは、クラウド事業者としてできること(提供できるサービスの内容)と、ユーザーが求めるそれに、ギャップがあります。

そのため、クラウド事業者として、やるべきことはやっている(適切な範囲内のサービスを提供している)つもりでも、ユーザーから不満が出たり、逆に、ユーザーとしては、クラウド事業者がやるべきことをやっていない(適切な範囲内のサービスが提供されていない)と受け止めても、クラウド事業者から問題ないと言われたりして、トラブルになることがよくあります。

こういったトラブルになった場合、まずは話し合いで解決を目指しますが、解決できなければ、裁判になります。

裁判になると、裁判所が、様々な要素(契約書・利用規約や営業資料の記載内容、契約時の担当者同士のやり取り内容、利用料の価格設定、一般的なクラウドサービスの水準、当時の社会情勢、etc)を考慮した上で、クラウド事業者が契約責任を果たしているかどうか、(えいやで)決めることになります。

ですがそれでは、クラウド事業者、ユーザー、いずれにとっても、トラブルになったときに大きな負担になります。

それに、結論がどう転ぶかわからないので、そもそも安心して契約を結べません。

そこで、予めサービスのレベルについて合意をしておく(SLAを定めておく)ことで、クラウド事業者、ユーザー、いずれも安心して契約を結ぶことができ、また、クラウド事業者がやるべきことをやっているか(適切な範囲内のサービスが提供されているか)、何かあったときに明確に判断できるようにすることができるようにするわけです。

どうでしょう。SLAの重要さについて、クラウド事業者、ユーザー、いずれの立場からもお分かりいただけましたか。

このように重要なSLAですが、大手企業以外では、きちんと定めているクラウド事業者は、ほとんどありません。

それはなぜかというと、クラウド事業者の皆さんが、SLAに何を規定すればいいのかについて、あまりよくわかっていないのですね(笑)

そこで次回、SLAには何を規定すればいいのかについて、解説をしたいと思います!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【痩せすぎました】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、京都旅行に行ってきました。

古都を散策するからには、着物を着て若旦那然としようと思い、着物レンタル&着付けをお願いしたところ、お腹周りが細すぎて着物が似合わない体型だと言われ、タオルをお腹に巻かれるという辱めを受けました。

日本人たるもの、着物を着こなせてなんぼだと思うので、恰幅の良い男を目指したいと思います。


※バックナンバー※
メルマガバックナンバーは、下記のリンクからご覧ください。
http://itbengoshi.com/?cat=15

※転送フリー※
このメルマガは転送フリーです。
役に立つと思ったら、他の人に転送していただいて大丈夫です。