顧問先インタビュー|株式会社YUIDEA様

株式会社YUIDEA

既存の顧問弁護士には今まで通り企業法務全般の相談を、
藤井先生にはIT分野の相談をすることで、
スピーディーに業務が進められ、非常に満足しています。

株式会社YUIDEA

取締役
コーポレート部門統括

井上 幹雄

YUIDEA(ユイディア)様の事業内容について教えてください。

井上様:通販カタログの制作から、現在は企業の広報活動全般を取り扱っています。また、これまでは紙媒体がメインでしたが、今後は紙媒体で培ったノウハウを活かしたウェブでの活動領域を広めて行く予定です。

取締役
コーポレート部門統括

井上 幹雄

顧問契約を依頼するきっかけを教えてください。

井上様:ウェブを通じたコミュニケーション手法をお客様に提案できるよう、「Willyet」というコンテンツマーケティングプラットフォームを現在開発中ですが、その利用規約の作成や、利用者様との利用契約についてアドバイスをいただける弁護士を探していました。弊社には元々顧問契約を依頼している法律事務所がありまして、通常の企業法務には非常に強く信頼できるのですが、ITの部分を理解していただくまでに非常に時間がかかりそうであったため、ITを専門にされている弁護士を探したのがきっかけです。

 

藤井弁護士を選んだ理由を教えてください。

井上様:ウェブで「ITに強い弁護士」や「IT弁護士」というキーワードで検索をして、何人かの弁護士が出てきたのですが、弊社のウェブ担当者が「藤井先生のサイトは非常によくできている。この先生は掛け値なしにITに強くて、たぶん好きなのだろう。」と話していたので、一度お会いさせていただきました。打ち合わせの場で藤井先生にWillyetの概要をお伝えすると、普通の弁護士ではサービスの理解に非常に時間がかかる内容も、藤井 先生はさすがに詳しく、これほどすぐに理解いただけたことは初めての経験でした。顧問先とのやりとりもほとんどウェブ上でされていて、24時間以内に回答いただけるということでしたので、まずは利用規約の作成を依頼させていただき、その後に顧問契約を依頼しました。

インタビュアー:藤井弁護士以外の弁護士には訪問されましたか?

井上様:マーケティングの責任者は訪問前から藤井先生に依頼したいと言っていましたが、社内では比較してから決めたらどうだという意見がありましたので、他の弁護士も訪問する予定でした。ですが、藤井先生とお会いして、間違いないだろうと思い、会社に帰ってすぐに相談し、他を訪問せずに藤井先生に依頼することになりました(笑)

 

当初から顧問契約の依頼を考えて訪問されたのですか?

井上様:いえ。当初は利用規約の作成だけを依頼する予定でしたが、利用規約を作った後の対応も必要だというお話を藤井先生から聞き、継続的なサポートをしていただくため、顧問契約を依頼することにしました。藤井先生の顧問契約は非常にリーズナブルでコストパフォーマンスが高いですし。ただ、顧問契約を依頼するときに、既存の顧問法律事務所の先生との関係が気になりました。他の部分では、非常に長いお付き合いをしていて、そちらに関しては不満もなかったので。そこで、このことを既存の顧問法律事務所の先生に伝えたところ、たまたまですが、その先生が藤井先生とお知り合いで、むしろ自分から藤井先生を紹介しようと思っていた、とのことでした。その先生も仰っていましたが、弁護士には専門分野があり、IT以外の分野はこれまでどおり依頼していただければそれでいいですよということで、安心して藤井先生に顧問契約を依頼することができました。

藤井:最近はYUIDEA様のように、既存の顧問法律事務所が存在して、労務問題や会社経営の問題に関してはそこに相談しつつ、ITの問題に関しては私に別途相談する、というパターンが非常に増えています。皆さんうまく使い分けられていますね。

 

普段どのような依頼をされているか教えてください。

井上様:新しいサービスが始まるときには利用規約が必ず必要になりますので、主には利用規約の作成になります。これまで2つ作成いただいて、きちんと仕上げていただいています。これからWillyetのサービスが始まると、またさらにお願いすることは増えていくでしょう。特にお客様からのお問い合わせにはすぐに回答する必要があるので、藤井先生に24時間以内にお答えいただけることは、非常に心強いです。

藤井:利用規約は一回作ったら終わりではなく、当然お客様からの修正要求や、条項の解釈に関する質問も来ます。そのときに対応できないと、お客様を逃してしまいますので、すぐに顧問弁護士に相談ができて的確な回答ができる体制が整っていることが重要ですね。

井上様:そうですね。おっしゃるとおりだと思います。

 

藤井弁護士に依頼して良かったというエピソードを教えてください。

井上様:顧問契約をスタートする際に藤井先生からは、グループチャット上のやり取りは担当者も含めてやる方がいいですよ、と提案いただきました。今まで法務のことは、現場の担当が私のところに相談に来て、私から弁護士や専門家に相談していたので、お任せ状態になってしまい、リーガルマインドが現場の中に生まれて来ませんでした。ですので、藤井先生からの提案を受け、社内のリーガルマインドを上げて行きたいと思い、先生と担当者とでグループチャット上で直接やりとりしてもらい、私は意識的にあまり入らないようにしています。どうしても困って詰まったりしたら入りますが、なるべく任せています。藤井先生にはちょっとご負担が重いかもしれないですが。

藤井:直にやりとりができれば、伝言ゲームになることもなく、担当者もスムーズに私に 相談ができ、私からの回答もそのまま受け取って内容を理解でき、より一層リーガルマイ ンドが高まっていくと思います。結果的に社内の法務研修にもなっていますよね。

井上様:まさにおっしゃる通りです。良い形で回っていると感じています。藤井先生に直接質問し、回答をもらうことで、お客様視点に立ったアイデアも出てくるようになったそうなので、直接やり取りして良かったと思っています。

藤井:もともとYUIDEA様と私とのグループチャットは1つだったのですが、現在は複数のチャットがあり、それぞれの担当者とやり取りしています。

井上様:実は社外の方も入っているグループチャットもあります。案件によって、複数のグループを使い分けています。

インタビュアー:担当者からの反応はいかがでしょうか?

井上様:思いついた時に直ぐにチャットで相談できるということで、気軽に相談できていると思います。また、今まで私の方で相談内容をいったん預かり、翻訳してから弁護士の先生に伝えていましたが、藤井先生は業界用語や仕組みなどを理解されていて、そのことを前提に色々な相談ができるので、現場のメンバーにとってはかえって楽かもしれませんね。最初に作成を依頼した利用規約も、骨子は2週間くらいでいただけたのですが、私が取りまとめしてから依頼していたら、おそらく1カ月以上余計にかかっていたのかと思います。サービスをローンチするまでにあまり時間がない時期でしたので、この短期間で作 成できたのは、本当に藤井先生ならではだと思っています。

御社にとって藤井弁護士はどのような存在ですか?

井上様:いつも本当に24時間対応して下さり、心強く、弁護士というよりも「パートナー」という感じです。メールマガジンもいただいていて、堅い話題から非常にやわらかいプライベートな話まであり、「先生」というよりも、「法務パートナー」というような存在です。

 

最後に、他の企業に向けて、メッセージをお願いします。

井上様:ITの仕事をされて、法務的なことや利用規約にアドバイスを求める会社には、藤井先生はぜひお勧めしたいと思います。

 

企業紹介 株式会社YUIDEA

所在地

【本社】
東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷

会社ホームページ

(会社HP)http://www.yuidea.co.jp/