顧問先インタビュー|株式会社エッコ様

株式会社エッコ

弁護士の役割だけではなく、事業を展開していく上での参謀の立ち位置で、
事業モデルについてまでアドバイスいただいています。
弁護士の役割だけではなく、事業を展開していく上での参謀の立ち位置で、事業モデルについてまでアドバイスいただいています。

株式会社エッコ

代表取締役

石田 国大

エッコ様の事業内容を教えてください。

石田社長:弊社の事業はホームページ制作から始まりましたが、ホームページを単にパンフレット的に使うのではなく、集客などの結果を出すためのツールとして使うべきだと考えるようになり、そこからSEOやWEBマーケティングの事業を強化していき、今ではWEBのデザインとマーケティングの両方が対応できる会社として、名古屋を拠点に東京とハワイに支社を置いて活動しています。

代表取締役

石田 国大

 

顧問弁護士を付けようと思ったきっかけを教えてください。

石田社長:名古屋の弁護士の先生と知り合いになったことをきっかけに、まず契約書の相談をしたいと思ったこと、そして何かあったときに相談できるところがなかったので、そろそろ会社の規模的にも必要ではないかということで、その弁護士の先生に顧問弁護士をお願いしました。

 

藤井弁護士を選んだ理由を教えてください。

石田社長:藤井先生に出会ったきっかけは、コンサルティング会社の船井総研さんが主催する海外企業視察研修でバスの席が隣になったことでした。そのツアーではシアトルやシリコンバレーの最先端企業を視察しましたが、ツアーの中で一番衝撃的だったのが藤井先生でした(笑) 藤井先生のライフスタイルや仕事の仕方、考え方に非常に感銘を受けました。そして色々とお話していく中で、藤井先生がWEBやIT業界に特化されており、非常に詳しいことが分かりました。

もともとお願いしていた顧問弁護士の先生も信頼できる方だったのですが、WEBやIT業界に特化していたわけではないので、例えば、何かを説明する都度、「それはどういったものなのですか」という質問があったり、システム開発やホームページ制作の契約書の作成をお願いする際も、一般的な業務委託契約書のフォーマットをどこかから用意されて、それをカスタマイズして作られるというような形でした。それが果たして実務的にいいものなのかどうか、という疑問が前から少しありました。

それで、この弊社が使っている契約書が適切なものかどうかを藤井先生に相談したところ、そもそも弊社のようなWEB会社で全国にお客様があるような場合は、一対一で双方がハンコを押す契約書スタイルで契約するより、利用規約を用意して、その内容に同意の上で申し込んでもらうスタイルの方がスムーズな契約ができるのではないか、という契約の結び方の改善までご提案いただき、非常にぐっときました。

前の顧問弁護士さんの顧問費用と比べると、月額費用が少し高かったので、僕たちの規模の会社がこのタイミングで顧問弁護士にそれだけの費用を支払う価値があるのかというところで、ご提案いただいてからすぐに顧問弁護士を変更できませんでしたが、結果として変更して圧倒的に良かったと思っています。

弁護士という役割だけではなく、WEB事業を展開していく上での法務的参謀の立ち位置にいてくれ、事業モデルについてまでアドバイスいただけるので、非常に参考になっていますし、助かっています。

 

普段どのような依頼をされているか教えてください。

石田社長:契約書周りを整備することを基本としてお願いしています。印象的だったのは、最初に依頼した、ハワイで事業買収を行った時の(事業譲渡の)契約書の作成です。契約書を作るために、連日のようにチャットで相談させていただくという日々が2か月ほど続いたのですが、その契約書を作成していく過程で、買収相手の不備のようなものがいっぱい出てきて、結果、買収金額が下がったのですね。もうすでにこれで顧問料の一年分の元を取ったのではないか、というぐらい下がりました(笑)

藤井弁護士:WEB関連事業の買収でしたが、この手の事業を買収した場合にどういうリスクがあるかや、その事業のお客さんの反応を予想して、もしお客さんが離れたらこういう風に手当てをしようとか、お客さんが離れないようにこういった次善の策を打つ必要があるなどを先方と協議して、それ先方の義務として契約書に盛り込み、盛り込めない部分に関しては費用に反映させて欲しいと、一緒になって先方と交渉しましたよね。

石田社長:そうですね。単純に契約書を作るというだけではなくて、実際にその事業を弊社が引き継いだ場合に想定し得るリスクまで検討した上で、集金はこのタイミングでこの方法でやりましょう、というところまでご提案いただいて、実際それで契約書が出来あがりました。本当にその事業譲渡そのもののご相談をさせていただいたような形でした。
 

顧問契約を結んで良かったと思うエピソードを教えてください。

石田社長:先ほどの事業買収が、まず一番最初に受けた衝撃でしたが、他にも都度起きてくるお客さまとのトラブル相談や、緊急案件への迅速な回答ですね。
 

顧問契約をする前には想定していなかった付加価値があれば教えてください。

石田社長:法務の相談だけではなくて、弊社が取り組んでいる新規事業やお客様の事業の相談に参謀的な立ち位置で相談できることですね。本当に素晴らしいところだと思っております。
 

藤井弁護士は、エッコさんにとってどのような存在ですか。

石田社長:なくてはならない存在というか、逆に、今いなかったら、無茶苦茶不安ですね。藤井先生自身もビジネスを成功されていることや、月に一度は海外を旅行されながらレスが遅れることは一切ないというライフスタイルをリスペクトしています。

 

最後に、他の企業に向けてメッセージをお願いします。

石田社長:WEBやITに関連する事業を行われている方であれば、圧倒的にお薦めです。WEBやIT業界の知識が非常に豊富で、間違った判断を下しにくい方です。IT系の顧問先ばかりなので、事例も非常に多く持っておられ、アドバイスも的確ですので、(以前の)僕のように、ITが専門ではない弁護士さんに顧問をお願いしていて気がかりがある方も、藤井先生に依頼すれば必ず満足すると思います。太鼓判です。

 

企業紹介 株式会社 エッコ

所在地

【本社】
愛知県名古屋市中区大須3-2-15 栄南KTビル2階
【東京支社】
東京都中央区八丁堀1-3-7 双鶴八重洲ビル5階
【ハワイ支社】
2222 Kalakaua Ave, Suite 601 Honolulu HI 96815
(ワイキキDFSビルの6階)

会社ホームページ

(会社HP)https://www.ecco.co.jp/